小指と薬指のしびれの原因『肘部管症候群』の概要とリハビリ治療について解説します。

肘部管症候群の概要とリハビリ治療

スポンサーリンク




理学療法士の井上(@Rehacon)です。
 
 
机やドアなどの角に肘をぶつけて、小指や薬指の指先がビリッと痺れる経験をしたことのある方は多いと思います。
 
これは尺骨神経という神経に刺激が加わると起こる症状ですが、長い時間肘を圧迫されたりすることでも起こります。
 
この病気のことを、
 
肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)
 
と言います。
 
肘部管症候群は末梢神経障害の1つとなり、スポーツ障害などでも起こります。
 
今回は、肘部管症候群の概要とリハビリを中心とした治療方法について解説をしていきます。
 

 
スポンサーリンク



 

尺骨神経の走行と支配筋肉

 
尺骨神経
 
尺骨神経は他の神経に比べて、筋肉などの軟部組織で守られていないため損傷を受けやすい神経になります。
 
首の方から神経が始まり、肘の部分では内側を通り、指先に向かって走行します。
 
以下に尺骨神経が支配している筋肉を羅列しますが、専門用語だらけになりますので、尺骨神経が支配している筋肉はこんなにあるんだ。という程度の理解だけで良いと思います。
 
ポイントとしては、尺骨神経が支配している筋肉達は、指を曲げる・伸ばす・開く・閉じるといった指の動きに貢献します。
 
  • 短母指屈筋
  • 母指内転筋
  • 小指外転筋
  • 短小指屈筋
  • 小指対立筋
  • 短掌筋
  • 深指屈筋
  • 虫様筋
  • 尺側手根伸筋
  • 背側骨間筋
  • 掌側骨間筋
 
前腕の筋肉
 
 

肘部管症候群の原因と症状

 
肘部管
 
肘の内側には、肘部管と呼ばれる神経の通り道があります。
 
その通り道が圧迫されたりすることで、小指と薬指に痺れなどの感覚障害を引き起こします。
 
主な原因は、
 
  • 野球などの肘を酷使するスポーツ
  • 骨折後の変形による圧迫
  • 良性腫瘍などによる圧迫
  • 何かしらによる長時間の圧迫
 
こういったことが原因として挙げられます。
 
症状としては、小指と薬指の痺れに加え、筋力の低下や筋肉の萎縮、進行してくると小指と薬指が曲がってきて左右差が著名になってきます。
 
小指・薬指の変形
 
 

肘部管症候群の診断

 
まず診断には、上記に説明した小指と薬指に痺れが出ていないか、見た目の左右差がないか、動きに違いはないかを確認します。
 
また、肘の内側を軽く叩いて、痺れる症状が出るかどうかも合わせて確認します。
 
この検査をティネルサインと言います。
 
ティネルサイン(尺骨神経)
 
【関連記事】
 
場合によっては、親指と人差し指の間で紙を挟んで引っ張る検査が行われます。
 
これをフローマンテストと言いますが、患側の親指が過度に曲がってしまう場合、陽性となります。
 
フローマン徴候
 
その他の検査としては、骨折・変形の有無を確認するためにレントゲン撮影が行われ、より詳細な検査になればCT撮影やMRI撮影、エコー検査が行われることもあります。
 
 

肘部管症候群に対する治療とリハビリテーション

 
症状の重症度によって変わりますが、軽度の場合は安静にすること、ビタミン剤や消炎鎮痛剤、神経再生剤などの内服加療、リハビリテーション治療にて経過観察されます。
 
しかし、小指や薬指の変形が見られ日常生活に大きな支障が出ている場合や、肘の変形などが認められ症状が出ているなどの場合は、手術療法が選択されることもあります。
 
 

リハビリテーション(保存療法)

 
肘部管症候群に対する一般的なリハビリとしては、
 
  • 筋筋膜の柔軟性の獲得
  • 関節可動域訓練
  • 筋力トレーニング
 
これらが行われ、重症度に応じて装具が処方されることもあります。
 
 

筋筋膜の柔軟性の獲得

あくまでも可能性になりますが、皮膚や脂肪、筋膜、筋肉などの軟部組織に癒着が起きていると、それ自体が痛みや痺れの原因になることがあります。
 
まずは上に挙げた、尺骨神経が支配する筋肉や筋膜の柔軟性を整えてあげることは大切です。
 
方法としてはマッサージや筋膜リリースなどの方法がありますが、細かくは理学療法士や作業療法士などの専門家に行なってもらうことをおすすめします。
 
但し、セルフケアとしても十分に行えますので、以下の記事を参考に合わせてお読みください。
 
【関連記事】

関節可動域訓練

肘部管症候群では、指の関節や指の付け根の関節に制限が起こりやすくなりますので、関節が硬くならないように指の関節を曲げ伸ばしを行うようにしてください。
 
どのようにやったらいいのかは、一度専門家の助言を受けるようにしてください。
 
 

筋力トレーニング

肘部管症候群では、指の動きを司る筋肉の筋力低下や筋肉の萎縮が起こることはここまで説明しました。
 
伸縮性のあるボールなどを使用して、無理のない範囲で握力低下の予防をしましょう。
 
 
 

まとめ

 
肘部管症候群の概要について解説をしましたが、いかがでしたでしょうか。
 
重症化してしまうと、痺れの増強や著名な筋力低下、筋肉の萎縮、関節の変形が起きてしまいます。
 
指先に痺れを感じてなかなか改善しない場合は、早めに専門医を受診し、確定診断をしてもらうことがとても大切ですよ。
 
それでは、少しでも参考になれば幸いです。
 

肘・手首・指に関連する記事セレクション

 

SNSのフォローも気軽にどうぞ!

【Facebook】
・閲覧、シェア中心
※申請時は一言メッセージをお願い致します。

【Facebookページ】
・ブログ更新情報中心

【Twitter】
・ブログ更新情報、様々なことをつぶやいています。SNSでは一番活用しています。

【Instagram】
・飲食関係、ゴルフ等々、趣味投稿中心

 


スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。 コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。 リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。 リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。 コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。 どうぞよろしくお願いします。