【メディア出演情報】Shop Japanクレバーケーン(三点杖)にテレビ出演・コメント提供しました

クレバーケーン 三点杖

スポンサーリンク




合同会社Relate代表社員の井上です。

ブログをこうやって書くのは、実に昨年の7月以来、約10か月振りとなってしまいました。

会社ホームページ内でお知らせとして、簡単なブログをいくつか書いてはいたのですが、殆どライティングをしてなかったので、どうやって書いたらいいのかリハビリがてら書いてます。

ブログは非常に有効なツールでして、10か月も書いていないのにも関わらずいくつか仕事を運んできてくれます。今回メディア情報のことを書かせてもらうのですが、このメディア関連のお仕事も全てブログ経由での依頼です。

だからこそ、大事に定期的に更新をしなくては!と思ってはいるものの、なんだかんだ理由をつけて書いてなかったことを大いに反省しています。

2021年のもう5月になります。今年も半分くらい終わろうとしていますが、今年中に何本か(目標5本)必ず新しい記事をポストします。

それでは、今回はメディア出演した情報を書いていきます。


スポンサーリンク



安定性が高く、可動性がある素晴らしい杖

よく巷に出ている、私が理学療法士として現場に出ている上で、杖というのはいくつかに分類されます。

  • T字杖(1点杖)
  • 四点杖
  • 四点杖(可動式)
  • 松葉杖
  • ロフストランドクラッチ

この5つが殆どです。

それぞれ使い方の用途があるのですが、それは別の記事である、介護に関わる人が覚えておくべき『杖の種類』はたったの5種類です!でまとめているのでご興味ある方はお読みいただければと思います。

当然ではあるのですが、床についている面積が広ければ広いほど安定します。

つまり、上記であれば四点杖が一番面積が広く安定しているということになります。ですが、デメリットとして重くなる・操作性が悪い・砂利などの不整地では逆に不安定になるといったことがあります。

これを解消できる杖となると、四点杖の可動式なのですが、やはり四点だとちょっと大きくなってしまって見栄えも悪い。T字杖ではちょっと不安だけど四点杖程ではないっていう方にこの「クレバーケーン」が非常におすすめです。

T字杖と四点杖のデメリットを解消してくれていて、3点式なので面積もそこそこ広く安定していますし、杖先が360°回転するので、不整地な場所でも柔軟に対応することが可能です。

クレバーケーンのその他のポイント

  • 立ち上がりやすい補助ハンドル付き
  • 杖が倒れない自立式
  • 折り畳み式で軽量
  • 5段階の高さ調整
  • LEDライト付き(暗い所でも安心)
  • ブザースイッチ付き(万が一の助けを呼ぶ際に使える)

この中でも特に良い機能なのは、補助ハンドルです。

座っていて、立ち上がる時に何かに掴まって立ち上がる方も多いと思いますが、掴まる・支持する場所が高いとうまく力が入りませんし、低すぎると転倒リスクがあります。

クレバーケーンでは、ちょうど良い位置に補助ハンドルがついているので、立ち上がる際もとても楽に立つことができます。

そして何より、専門家のお墨付き!

今回私は理学療法士としてではなく、福祉用具専門相談員として出演させていただいております。

クレバーケーン おすすめ

専門家の方にも広めてほしい

今回私がこの依頼を引き受けた理由として、商品として非常に優れているものだと判断したからです。

何でも良いわけではなく、まず商品を確認させていただいた上で承諾しました。

介護の仕事や理学療法士として20年以上働いてきていますが、クレバーケーンのような杖がずっとあったらいいなと思っていました。でも、この20年間、杖に大きな進化はなかったように思います(軽量化とかそういったものはありましたが)。

今回、このクレバーケーンが出てきたことで新しい選択肢ができたということはとても良いことです。実際に臨床場面でも使っていますが、利用者さまからは大変好評です。

理学療法士や作業療法士の皆さんには、是非このクレバーケーンを1つの選択肢として今後検討していただけたら嬉しく思います。

まとめ

クレバーケーンいかがでしたでしょうか?

少しはご興味もっていただけたでしょうか。嘘偽りなく、非常におすすめの杖ですので、一度ご検討ください。テレビだけでなく紹介動画もありますので、添付しておくのでお時間あれば見てみてください。動画に私の出演はありません。

だいぶ久しぶりにブログを書いて、やっぱりいいなぁと改めてライティングの面白さを感じています。冒頭でも言ったように、今年は残り5本は記事を書きますので、またお時間あればこのサイトに足を運んでいただければ嬉しいです。

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

⇒ ショップジャパンのページはこちら


スポンサーリンク



シェアをお願い致します!




バーセルインデックスマニュアル 無料プレゼント

バーセルインデックス・目標設定例文集
「無料」資料プレゼント

2021年介護報酬改定において、ADLの評価指標はバーセルインデックスが定着し、目標設定にはICFの概念が組み込まれました。大変難しい内容ではありますが、マニュアルをご活用していただければと思います。






無料Ebook

自分で簡単にできる体操
「無料」資料プレゼント

コロナによる自粛生活の影響で、廃用症候群(生活不活発病)が起こると危惧されています。それを予防するための自宅で簡単にできる体操資料をはじめ、様々な無料資料をご用意しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

合同会社Relate(リレイト)代表社員/理学療法士の井上直樹です。 このサイトでは一般の方に向けたリハビリの基本的な情報発信を行っております。また、不定期ですが雑誌や新聞などのマスメディア・WEB上のメディアにも情報提供を行っております。リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。お仕事依頼もお気軽にお問合せくださいませ。