無料!たった1分!『Doctors me』が運営する医師監修の診断コンテンツが面白い。是非お試しあれ!


スポンサーリンク




みなさんこんばんは。
PT井上(@Rehacon)です。

 
みなさん、「Doctors me(ドクターズミー)」というサイトをご存知ですか?
 
PC表記

PC表記

 
スマホでの表記

スマホ表記

「安心をもっと身近に」というキャッチコピーで、会員登録をすると低価格で現役医師や薬剤師・獣医・栄養士・歯科医・カウンセラーなどに相談ができるというとても良いサイトです。

ドクターズミー3
 
ただ残念で不思議なことに、理学療法士や作業療法士などのリハビリテーション職種や看護師は入ってません。
 
これを見てくれているドクターズミー関係者の方がいましたら、是非導入をお願いします!
 

 
 
話しは戻りますが、こちらのサイトで、無料・たった1分であらゆる診断コンテンツが行えます。
 
自分の心や身体のことを少しでも理解するのにとてもいいコンテンツです。
 
私もいくつか試してみましたので、ご紹介していきます。
 

何と88種類も診断コンテンツがある

 
いやぁ、これは驚きました。
 
  1. カフェイン依存度チェック
  2. 若年性更年期障害
  3. 育児ノイローゼチェック
  4. 骨の健康チェック
  5. ロコモティブシンドロームチェック
  6. 糖尿病リスクチェック
  7. エコノミークラス症候群チェック
  8. 心臓病リスク
  9. 椎間板ヘルニアチェック
  10. ニコチン依存度チェック
 
等々、とてもここでは挙げきれないですが、充実してますよ。
 
特に、健康予防のために若い方々や、団塊の世代の方々がやるといいと思います。
 
最近はストレスを抱える方も多いですので、ストレスチェックなどもしてみて早めに対処すると違うかもしれませんね。
 
今現在は大丈夫でも、今後かかりやすい病気などが簡易的ではありますが分かります。
 
 

コンテンツ内容

 
1つのコンテンツで質問は15問
 
確かに迷わなければ1分で終わっちゃいますね。
 
基本的にはYesNoで答えますが、中には回答を選ぶものもあります。
 
例えば、椎間板ヘルニアチェックであれば、前かがみになると痛みがでるか?など質問内容はもちろんそのコンテンツに合わせた内容になってます。
 
 

一部をご紹介します

 
ちなみに私は、
 
  1. ロコモティブシンドロームチェック
  2. 糖尿病リスクチェック
  3. 骨の健康チェック
  4. 椎間板ヘルニアチェック
  5. 睡眠時無呼吸症候群チェック
 
 
この5つのコンテンツを試してみました。
 
 

ロコモティブシンドロームチェック

  • 運動の習慣がない
  • 立ったまま靴下を履けない
  • 階段を上るときは、手すりを使っている  など
 
 
 
 

骨の健康チェック

  • インドア派で、天気がよくてもあまり外には出ない
  • タバコを吸う
  • スナック菓子やインスタント食品をよく食べる など

 

椎間板ヘルニアチェック

  • 前かがみになると足がつるような感じがある
  • つま先でうまく立てない
  • 腰痛があるときが多い など
 
 

睡眠時無呼吸症候群チェック

  • いびきをよくかくことがある
  • 睡眠中にいびきや息が途中で止まったり、苦しそうだったと指摘されたことがある
  • 朝起きたときに頭が痛かったり、だるい感じがある など

 

こんな感じで各15問、質問に答えていきます。

 

診断結果

 
それぞれ15問の質問に答えると、医師の診断結果とアドバイスが表示されます。
 
糖尿病チェック

糖尿病リスクチェック

椎間板ヘルニアチェック

椎間板ヘルニアチェック

糖尿病は今のところは大丈夫そうですね。
 
しかし、まさかの椎間板ヘルニア疑い。
 
自分では全くその意識なかったですが…
 
まあ、あくまでも簡易的なものなので症状や見覚えのある方はちゃんと病院に行って、診断と治療を受けてくださいね。
 
 

まとめ

 
最近は遠隔医療なども含めて、Web上での医療システムがとても発展してきています。
 
医療が身近になるのはとても重要なことですし、クライアントさんにとっても安心材料になるのではないでしょうか。
 
こういう世の中になっていくのは、私個人の考えではとても大賛成です。
 
もっと医療や医療従事者が民間に参入したり、国も認めていく必要があると思います。
 
最後になりますが、このDoctors meはとても面白い活動をしていますし、是非一度、診断コンテンツだけでなく色々サービスを検討してみるのもいいかもしれません。
 
 
参考になれば幸いです。
 
 
 
>>次のページは
 
 
 

スポンサーリンク



シェアをお願い致します!


日経ヘルス 2017年10月号

女性誌である「日経ヘルス」さんの2017年10月号で、

・肩こり
・腰痛
・脚のむくみ
・腕の疲れ

この4症状に対するセルフケア方法について、指導・監修をさせていただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。

コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。

リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。
リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。

コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。

どうぞよろしくお願いします。