エレコム ヘルスケア『FITTIO(キーボードパッド・マウスパッド)』がおすすめ!|リハビリの専門家が推奨

エレコム ヘルスケア『FITTIO(キーボードパッド・マウスパッド)』がおすすめ!|リハビリの専門家が推奨

スポンサーリンク




理学療法士・Webマーケターの井上(@Rehacon)です。
 
 
普通に理学療法士の臨床をしていればそんなにPC業務をすることはないと思います。
 
ただ、管理業務をする方やブログを書く方、研究をする方など、PC作業を多くする方も多いと思います。
 
PC作業が多くなるとどうしても目が疲れたり肩が凝ったり腰が痛くなることも多いですね。
 
 
そういった症状を事前に予防するためにPC周辺グッズをついこの前から使ってるんですが、PC周辺機器を販売してるELECOMさん。
 
ここ実はELECOM Healthcareという部門があってリハビリテーション病院の理学療法士と共同で商品開発をしてるんですよね。
 
とてもおすすめな商品ですので、PC作業でお困りの方は是非参考にしてみてください。
 


スポンサーリンク



 

FITTIO(フィッティオ)はELECOMと横浜市総合リハビリテーションセンターとの共同開発によって生まれた

 
現代では子供から高齢者まで、年齢に関係なくPCを使うようになりました。中にはアプリ開発をする高齢者までいます。
 
ただその反面、PCを使うことで肩こりや腰痛などを始め、姿勢の問題もあります。
 
 
このような現代の問題をELECOMが医療機関と共同開発することにより、PCユーザーのサポートをしています。
 
姿勢や各筋肉の疲れなどは、リハビリの専門家である理学療法士や作業療法士が専門分野です。
 
リハビリテーション病院と共同開発された「FITTIO(フィッティオ)」。理学療法士である私も非常におすすめしたい商品となっています。
 
以下に、私自身が使用していておすすめの商品をご紹介していきます。
 
 

エレコムヘルスケア|疲労軽減パームレスト

ELECOM Healthcare疲労軽減パームレスト
 
疲れを緩和する3つの処方
 
①高さ:弊社従来品と比較した試用評価によって導き出された、より操作性の良い高さ。
②形状:手に優しくフィットする形状で、体圧分散性能を効果的に発揮。
③素材:医療分野でも使用されている、流動性をもつ超柔軟性素材・エクスジェル®︎を採用。
 
このエクスジェルがとても良いですね。実際に僕はノートPCで使っているのですが、ノートでも全然使えます。
 
PC本体とデスクの段差を解消し、ちょうど良い硬さでタイピングの邪魔になることはありません。
 
キーボード操作では、僧帽筋(そうぼうきん)上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)手関節伸筋群(しゅかんせつしんきんぐん)が主に関与する筋肉ですが、長時間のPC作業に非常に向いている商品です。
 
 

エレコムヘルスケア:マウスパッド

 
ELECOM Healthcareマウスパッド
疲れを緩和する4つの処方
 
①角度:操作面に1.5°の傾斜を施すことによって、骨格に対して無理のない姿勢で操作できます。
②高さ:ハンドレストの高さが気になる方に、低めの9mm。
③形状:手に優しくフィットする形状で、体圧分散性能を最大限に発揮。
④素材:医療分野でも使用されている、流動性をもつ超柔軟性素材・エクスジェル®︎を採用。
 
 
操作面に対して1.5°の傾斜がポイントですね。実にこの角度が絶妙でマウスの操作性が抜群です。
 
マウス操作には、僧帽筋(そうぼうきん)・長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)・総指伸筋(そうししんきん)・尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)が関与します。
 
タイピングのように、長時間マウスを使うということはないと思いますが、マウスの操作性が悪いと地味に不快です。マウスの操作性に不快感を感じてる方にはおすすめの商品となります。
 
 

まとめ

 
ELECOMから発売されている「FITTIO」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。PCを長時間使う方や毎日の作業がある方にはとてもおすすめしたい商品です。
 
PC周辺機器とリハビリの専門家が共同開発したELECOM Healthcare。是非チェックしてみてください。
 
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
 

スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

■メディア掲載実績■




2018年3月28日発売
読売新聞 夕刊

からだcafe・教えてヨミドックという健康コラムで「こむら返り」のことについて取材していただき、その内容が掲載されました。







2018年5月号
MONOQLO

今買い替えるべき日用品(身だしなみ編)のインソール特集でコメントが掲載されました。







2017年10月号
日経ヘルス

「肩こり・腰痛・足のむくみ・腕の疲れ」に対するセルフケア方法について指導・監修をしました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。 コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。 リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。 リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。 コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。 どうぞよろしくお願いします。