『首の痛み』を引き起こす代表的な6つの筋肉とトリガーポイント


スポンサーリンク




理学療法士の井上(@Rehacon)です。
 
 
最近はスマホの普及により、現代病と言われる1つに「テキストネック」と呼ばれるものがあります。
 
テキストネックは別名「ストレートネック」と呼ばれ、ストレートネックという言葉を聞いたことのある方は多いと思います。
 
ストレートネックになると、肩こりや頭痛、首の痛みを引き起こす原因の1つとなります。
 
実際に若い方でも、非常に多い症状です。
 
肩こり・頭痛を引き起こす筋肉とトリガーポイントについては以前に書きました。
 
 
首の痛みは、肩こり・頭痛と一緒に起こりやすいという傾向があり、同じ部位にトリガーポイントが形成されやすいといのも特徴的です。
 
 
補足
同じ部位でも、トリガーポイントが形成される部分が違います。
今回は、首の痛みを引き起こす代表的な6つの筋肉とトリガーポイントについて解説をしていきます。
 


スポンサーリンク



 

首の痛みを引き起こす代表的な6つの筋肉とトリガーポイント

 
  1. 僧帽筋(そうぼうきん)
    ・上部線維(じょうぶせんい)
    ・中部線維(ちゅうぶせんい)
    ・下部線維(かぶせんい)
  2. 多裂筋(たれつきん)
  3. 肩甲挙筋(けんこうきょきん)
  4. 頚板状筋(けいばんじょうきん)
  5. 棘下筋(きょくかきん)
  6. 斜角筋(しゃかくきん)
 
以前に肩こり頭痛の記事にも書いた部分があり、重複するところがかなりありますので、合わせて読んでいただければと思います。
 
今回は説明していないところを中心に解説をしていきます。
 
 

僧帽筋(上・中・下部線維)

上部線維

   
 
起始:後頭骨上項線・項靭帯
停止:鎖骨の外1/3
作用:肩甲骨の挙上・上方回旋
神経支配:副神経・頚神経
 

トリガーポイント

   
 
【関連痛パターン】
上部線維外側のトリガーポイントは、首の外側からこめかみにかけて関連痛を引き起こします。
 
 

中部線維

  
起始:C7〜Th3棘突起・棘上靭帯
停止:肩峰・肩甲棘
作用:肩甲骨の内転・後退
神経支配:副神経・頚神経
 

トリガーポイント

 
 
【関連痛パターン】
中部線維・下部線維のトリガーポイントについては、首の後方と肩の後方に関連痛を引き起こします。
 
 

下部線維

  
 
起始:Th4〜Th12棘突起・棘上靭帯
停止:肩甲棘
作用:肩甲骨の下制・下方回旋、内転
神経支配:副神経・頚神経
 

トリガーポイント

 
 
【関連痛パターン】
中部線維・下部線維のトリガーポイントについては、首の後方と肩の後方に関連痛を引き起こします。
 
 
 

多裂筋

 

   
起始:仙骨後面及び第4頚椎〜第5腰椎までの横突起、上後腸骨棘
停止:各起始部から隣接する2〜4椎骨上の棘突起
作用:脊椎の伸展・回旋(反対側)・側屈(同側)、脊柱の局所的動作で脊椎を安定させる
神経支配:脊髄神経後枝
 
 

トリガーポイント

 
 
【関連痛パターン】
頚部のトリガーポイントは、肩甲骨周囲から首の後方まで関連痛を引き起こします。
 
 

肩甲挙筋

 

 
 
起始:C1〜C4横突起
停止:肩甲骨の上角、内側縁上部1/3
作用:肩甲骨の挙上(内上方)、下方回旋
神経支配: 肩甲背神経
 

トリガーポイント

 
 
【関連痛パターン】
この筋肉の関連痛は、首の下方部分から肩甲骨の内側にかけて引き起こされます。
 
肩こりを起こす代表的な筋肉でもあります。
 
 
 

頸板状筋

 

  
 
 
 
起始:Th3〜Th6棘突起
停止:C1〜C3横突起
作用:頭頸部の伸展・側屈(同側)・回旋(同側)
神経支配:脊髄神経後枝(頸神経)
 

トリガーポイント

 
 
【関連痛パターン】
下部に起こるトリガーポイントは、首の外側に関連痛を引き起こします。
 
寝ている姿勢など、ずっと同じ首の回旋姿勢が持続されると、トリガーポイントを形成しやすくなります。
 
 

棘下筋

 

   
 
 
起始:肩甲骨の棘下窩
停止:上腕骨の大結節
作用:肩関節の外旋・伸展
神経支配:肩甲上神経
 
 

トリガーポイント

 
 
【関連痛パターン】
この筋肉の関連痛は、主に肩の痛みや手の痺れに起こることが多いですが、稀に首に痛みを引き起こすことがあります。
 
 
 

斜角筋

斜角筋はそれぞれ前・後・中に分けられます。

前斜角筋

 
 
 
 
起始:頚椎3番〜6番の横突起前結節
停止:第1肋骨の前斜角筋結節
作用:頚椎の前屈・側屈、第1肋骨の挙上
神経支配:頚神経叢
 
 

後斜角筋

  
 
 
 
起始:頚椎4番〜6番の横突起後結節
停止:第2肋骨の外側面
作用:頚椎の前屈・側屈、第2肋骨の挙上
神経支配:頚神経叢及び腕神経叢
 
 

中斜角筋

 
 
 
 
起始:頚椎2番〜7番の横突起前結節
停止:第1肋骨鎖骨下動脈の後方突起
作用:頚椎の前屈・側屈、第1肋骨の挙上
神経支配:腕神経叢
 
 

トリガーポイント

 
 
【関連痛パターン】
この筋肉の関連痛は、肩から肩甲骨周り、腕に起こることが多く、手の痺れなどの神経痛を引き起こします。
 
しかし、経験上、首の痛みに関連痛を起こすこともあり、斜角筋を調整することで痛みが改善することがあります。
 
 

トリガーポイント療法/筋膜リリース

 
  • 上記トリガーポイント画像にある✖印を一定の圧力で30秒圧迫+30秒解放を何回か繰り返す。
  • ✖印を一定の圧力で30秒グリグリゆっくりと動かす+30秒解放を何回か繰り返す。
  • 上記に示した筋肉に対して、親指や手のひら、ゴルフボール、テニスボール、トリガーポイント用のボール、フォームローラーなどを使用して一定の圧力で、ゆっくりと動かす。
 
圧迫したりグリグリ押すには、親指や指の関節、ゴルフボール、テニスボール、トリガーポイント用のボールなどを使用して行うと効果的です。
 
 
これで首の痛みが軽減する場合には、セルフケアとして継続してみてください。
 
 

まとめ

 
 
首の痛みを引き起こす原因となる筋肉とトリガーポイントについてご紹介をしました。

冒頭にも書いたように、首の痛みは、肩こりや頭痛と一緒に起きることも多く、同じ筋肉にトリガーポイントが起きていることがよくあります。

そのため、同じ筋肉のご紹介が多くなりましたが、トリガーポイントが起きる部位が若干違っていたりします。肩こり・頭痛を引き起こすトリガーポイントと合わせてお読みいただけたらと思います。

【関連記事】
『肩こり』に関連する筋肉とトリガーポイント
『頭痛』と関連する筋肉とトリガーポイントの代表例5つをご紹介します。

是非、参考にしてもらえたら幸いです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 

おすすめ書籍

 
以下の2冊は一般向けに筋膜性疼痛症候群研究会(MPS研究会)でもおすすめしている書籍です。
 
 
以下の書籍は個人的におすすめしたい2冊です。

筋肉の絵やトリガーポイント、セルフストレッチや筋力トレーニングも丁寧に説明されています。

 

筋膜リリースの本を読むなら「竹井 仁」先生の本がおすすめです。

筋膜博士と呼ばれるくらい筋膜では有名な先生であり、TVなどにも数多く出演されている方です。

私も持っていますが、こんなに充実した内容でこの価格は破格です。

超絶おすすめ一般書ですよ。

 
 

スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。 コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。 リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。 リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。 コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。 どうぞよろしくお願いします。