家で簡単にがんや生活習慣病を検査することのできる『おうちでドック』に注目


スポンサーリンク




理学療法士の井上(@Rehacon)です。
 
 
フリーランスで働いている方や多忙で企業健診が受けられない方、もっと簡易的に色々と自分の健康のことを知りたい方に朗報です。
 
11月1日からハルメク・ベンチャーズ株式会社というところから発売された、
 
おうちでドック
 
このサービスは注目です。
 
おうちでドックは、自宅にいながら、数滴の血液と尿検査で「がん」や「生活習慣病」を調べることのできる、郵送型検査キットになります。
 
私自身試したわけではありませんが、色々調べてみて、良いサービスだなと思ったのでシェアしたいと思います。

 
スポンサーリンク



 

おうちでドックの特徴

 
  • 人間ドック並みの検査
  • 病院と同等の検査水準
  • 充実のアフターフォロー
  • 抜群のコストパフォーマンス
 
 

人間ドック並みの検査

リスクチェックできる内容として、
 
  • 肺がん
  • 胃がん
  • 乳がん
  • 子宮がん
 
等々、がんでも発症リスクの高いものの検査もチェックできます。
 
生活習慣病なら、
 
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 肝臓疾患
  • 腎疾患
 
等々、幅広くカバーされています。
 
糖尿病予備軍は相当数いると言われていますが、実際に症状として現れた時には糖尿病になっているということは多いです。
 
事前にチェックするにしても、健診以外ではやらないと思いますし、健康を担保する上で簡易的にチェックできるというのは予防していく上でとても有意義なことだと思います。
 
もっと細かくどんな病気が分かるのか知りたい場合は、公式ホームページの方をチェックしてみてください。
 
 

病院と同等の検査水準

検査手法は病院と同じで、微量な血液で検査精度を誇るようです。
 
この技術は特許取得されており、厚生労働省の承認も得ているようです。
 
病院と同じで検査水準とは驚きですね。
 
安心して検査することができます。
 
男性で16種類、女性で18種類もの検査結果が郵送されてきます。
 
1つの検査キットでここまで調べることができるのは日本初とのこと。
 
 

充実のアフターフォロー

個人的にはこのアフターフォローが一番驚いてます。
 
希望があれば、医師から直接電話連絡をもらうことが可能で、万が一の時にはセカンドオピニオンも無料で受けられる…
 
凄いな…
 
 

抜群のコストパフォーマンス

料金は19,800円(税抜)で、追加検査も可能。
 
人間ドックは5万以上して高いですから、非常にコスパはいいですね。
 
 

他の検査との比較

おうちでドック

引用画像:おうちでドック公式HPより

この一覧を見れば明らかですね。
 
画像所見がないというだけで、あとは網羅されていて、尚且つコスパに優れている。
 
必要に応じて画像検査は受ければいいので、簡易的に検査するには十分な内容です。
 
検査結果は2週間後に郵送されてくるそうです。
 
 

Twitterの反応

 

 
 

まとめ

 
ニュースを読んでいて目に入ってきた「おうちでドック」。
 
凄い時代になってきましたね。
 
まずは簡易的遺伝子検査を行って、自分がなりやすい病気を把握し、年に1回はおうちでドックで検査をする。

【関連記事】
【近未来の医療】2035年の医療はどう変わる?遺伝子検査は当たり前になる。

 
必要に応じてセカンドオピニオンも受けられますし、状況に応じて画像検査は病院に行く。
 
増大する医療費を抑制する効果もありますし、今後注目のサービスになっていくのは間違いありません。
 
現状では公式ホームページからしか注文できませんが、そのうちAmazonや楽天でも購入することができるようになると考えられます。
 
近隣に病院がない地方や、多忙でなかなか検診を受ける時間のないサラリーマンなど、ニーズはありそうですね。
 
それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
 
 

SNSのフォローも気軽にどうぞ!

【Facebook】
・閲覧、シェア中心
※申請時は一言メッセージをお願い致します。

【Facebookページ】
・ブログ更新情報中心

【Twitter】
・ブログ更新情報、様々なことをつぶやいています。SNSでは一番活用しています。

【Instagram】
・飲食関係、ゴルフ等々、趣味投稿中心

 


スポンサーリンク



シェアをお願い致します!


日経ヘルス 2017年10月号

女性誌である「日経ヘルス」さんの2017年10月号で、

・肩こり
・腰痛
・脚のむくみ
・腕の疲れ

この4症状に対するセルフケア方法について、指導・監修をさせていただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。 コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。 リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。 リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。 コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。 どうぞよろしくお願いします。