『膝の痛み』に効果的?グルコサミン・コンドロイチンのサプリメントについて研究データから紐解きます。


スポンサーリンク




みなさんこんにちは。
PT井上(@Rehacon)です。
 
よくCMでも観る、「膝の痛み」に関するサプリメント。
 
『グルコサミン』『コンドロイチン』は有名なサプリメントですよね。
 
このサプリメントを飲んでいる年配の方は非常に多いです。
 
多いですが、実際に効果ってどうなんだろう?と思いませんか?
 
非常に面白い研究データがありましたので、ご紹介したいと思います。

【Keyword】グルコサミン・コンドロイチン・サプリメント・プラセボ効果
【対象者】すべての方

 

グルコサミンとコンドロイチン

サプリメント

グルコサミン

グルコサミンは、アミノ糖と呼ばれる物質の1つであり、「糖」のひとつです。

軟骨に含まれるプロテオグリカンを作る物質として知られています。

つまり、グルコサミンは軟骨を「修復・再生」する効果があるといわれています。

 

 

コンドロイチン

 
コンドロイチンはプロテオグリカンの中に存在する成分です。

つまり、プロテオグリカンを作る物質であるグルコサミンからコンドロイチンは作られているということです。

軟骨の分解を抑え、軟骨に水分を保たせる機能がコンドロイチンにはあります。

ちょっと難しい感じになってしまいますが、簡単に言えば、グルコサミンが「軟骨」を作る成分であり、グルコサミンからコンドロイチンが作られると理解してください。

 
 

サプリメントを飲むことで効果はあるのか?

 
グルコサミンもコンドロイチン硫酸塩も、軟骨を構成する物質である、という理由で注目されています。しかし、ここでひとつ気をつけないといけないことは、まず「軟骨を構成する物質」を「口から飲む」ことによって、軟骨に行き渡るのか?という観点です。

さらに、もし行き渡るとしても、人間の体にはたくさんの関節があり、それが「傷んでいる膝に集まる」ことはあるのだろうか、という点も考えなければいけません。

注意する点は他にもあるのですが、それらの疑問点を考える上で、まず知っておくべきことは、「変形性膝関節症はどのように起こるのかという原因について」と、「その原因にサプリメントは影響するのか」、さらに研究ではどのように言われているのか、です。

※引用:MEDLEY

 
変形性膝関節症については過去の記事でも書きましたが、膝の軟骨がすり減り、骨同士がぶつかり合い骨が削れ変形していく病気です。
 
動物実験では、軟骨が再生したという研究と軟骨は再生しないという結果を報告している研究があります。

一方、人を対象とした研究では、軟骨が再生するか画像検査で検討したものがありますが、それについては「効果があるとは言えない」という結果でした。そもそも、口から入ったグルコサミンやコンドロイチンは体内で分解されるのですが、それが軟骨の成分に再合成されることはあるのだろうか?という疑問が残ります。

ちなみに、効果があるという論文もあるのですが、そのサプリメントを飲む量や継続期間などは実現可能性が高いとは言えない方法であるようです。

※引用:MEDLEY

 
こういった研究結果からは、サプリメントを飲むことによる軟骨の再生には「効果があるとは言えない」と結論付けられています。

効果的であるという論文もあるようですが、科学的な根拠は乏しいということです。

 

 

サプリメントを飲むことで膝の痛みは改善するのか?

 膝の痛み
 

British Medical Journalという雑誌で検証されています(※有名な雑誌に掲載されている=信用できる、ということではありません)。

この研究では、過去に行われた10つの研究(3803名の変形性関節症の患者)を対象にグルコサミン、コンドロイチンの効果を調べたものです。

効果は痛みについて調べており、痛みのスケール(10cmの線上で、自分の痛みがどの程度か示してもらう検査。0cmを全く痛みがない、10cmを想像できる最大の痛みとしている。)を使っていました。

結果は、グルコサミンを飲んだ群ではプラセボ群(偽薬群)よりも、平均で0.4cm改善したというものでした。

コンドロイチンを飲んだ場合、グルコサミンとコンドロイチンを併用した場合では、統計的に意味のある効果はありませんでした。

この0.4cm(4mm)という数値を想像してみてください。感じ方はそれぞれかと思いますが、この論文では臨床的に意味があるほど、痛みに対してグルコサミンとコンドロイチンの効果はないと結論付けています。

※引用:MEDLEY

 

このように研究データでは「痛み」に対しても効果があるとはいえないと結論付けられています。
 
ただ、臨床でクライアントさんとお話をしていると、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを飲んだら痛みがよくなった。とお話しされる方も結構います。
 
この理由として考えられるのは「プラセボ(プラシーボ)効果」が考えられます。
 
 

プラセボ効果とは

 
簡単に言うと、全く効果のない薬を飲んでも症状が改善してしまうことをプラセボ効果といいます。
 
これは比較的よくあることで、私も過去に研究したことがあります。
 
消炎鎮痛剤効果のある冷シップとただ冷たいだけのシップを使ってもらうと、何と多くの方がただ冷たいだけのシップに効果を実感していました。
 
冷たいだけのシップの方が消炎鎮痛剤効果のある冷シップよりも、より冷たいものを使用したのです。
 
もちろん、本当に急性症状がある方や炎症の強い方については効果はありませんでした。
 
つまり、慢性痛の場合、プラセボ効果を認めることが多々あるということです。
 
これについては、おそらく「脳」が関与していると考えられます。

この脳については、腰痛は「約85%」が原因不明だとみなさんご存知ですか?「非特異的腰痛」について解説します。で説明していますので、合わせてお読みください。

 

まとめ

 
メディアでも効果があると言われているサプリメント。
 
グルコサミン・コンドロイチンのサプリメントについて研究データを基に解説しました。
 
どんなサプリメントも効果は飲み始めてから3か月は必要であると言われています。
 
ですので、よく「1か月無料!」というお試しで購入され効果を感じたとしたら、それはプラセボ効果かもしれませんね。
 
ただ、サプリメントに効果を感じていること自体は別に問題のあることではありません。体質改善という意味でも中長期的に考えれば効果もあると思います。
 
注意してほしいのは、『サプリメントは薬ではない』ということです。
 
つまり、即効性はないのです。
 
それを理解したうえでサプリメントを飲んでいくことが大事だと感じています。
 
 
参考になれば幸いです。
 
 

>>次のページは
サプリメントで『ビタミンD』を摂取すると『変形性膝関節症』に効果的なのか?研究データから紐解きます。

 

 


スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

2 件のコメント

  • サプリメント…ダルビッシュとかもすごい飲んでますよね。
    プラセボ効果で痛みなくなるなら、どんどん飲んでもらっていいんじゃないかと思っちゃうのですが、これが製薬会社の思うツボってやつかもしれませんね!笑

    • 体質改善としては、中長期的にサプリメントは効果的だと思いますよ。

      飲み続けることはいいと思いますが、経済的な問題もありますね。

      決して安いものではないので。

      ダルビッシュなら全く問題ないと思いますが…

      いつもコメントありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    井上 直樹

    リハビリテーションコンサルタントの井上です。 コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。 リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。 リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。 コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。 どうぞよろしくお願いします。