【埼玉の名店】肉厚で抜群の焼き加減!鰻を食べるなら川口市にある『竹江』さんで決まり!

竹江(鰻)

スポンサーリンク




こんにちは。井上(@Rehacon)です。
 
 
今回は医療や介護、ヘルスケアの話ではありません。
 
完全なる趣味の食レポ雑記です。
 
以前に天麩羅のお店を紹介しましたが、今回は鰻です!
 
 
私は鰻も大好きで、定期的に食べにいきます。
 
埼玉県の浦和地区は鰻で有名なことをご存知でしょうか?
 
浦和では、さいたま観光大使のうなこちゃんというゆるキャラもいるくらい鰻で有名な地域です。
 
うなこちゃん

引用画像:さいたま市HP

ただ、今回ご紹介するのは浦和ではありません。
 
浦和でも鰻を食べたことはありますし、テレビにも浦和にある鰻店はよく出ているのですが、結局最終的には、埼玉県川口市にある、
 
竹江
 
ここが一番美味しいと個人的に思ってます。
 
久しぶりに今回も食べに行き、やっぱりここが美味い!ということでご紹介です。
 

 
スポンサーリンク



 

ローカルな場所にあり、閑静な住宅街に佇む店構え

 
竹江 竹江
 
今回は夜に行ったので、ちょっと写真では伝わりにくいかもしれませんが、落ち着いた雰囲気の店構え。
 
店内も落ち着いた雰囲気で、テーブル席を中心に、2名席から団体席まで用意されています。
 
 

竹江のメニュー・価格帯

 
竹江メニュー
 
うな重のメニューとしては、
 
  • 松(特上):3350円
  • 竹(上):2850円
  • 梅(並):2450円
 
この3つのメニューに加え、
 
  • 桜(大串):4350円
  • 桐(二段重):5500円
 
松でも十分なボリュームですが、松では満足できない方に向けて大串と二段重が用意されています。
 
鰻重以外にも蒲焼や白焼きも用意されています。
 
 

いざ、竹江の鰻を食す

 
竹江の鰻
 
どうですか!笑
 
鰻って表面が少し硬めのものだったり、表面が柔らかくて、中がフワフワ感が強いものなど、焼き加減は様々だと思います。
 
関東と関西でも焼き方は全然違うといいますしね。
 
好みが分かれると思いますが、ここの鰻は、この両方のいいとこ取りという感じなんです。
 
この食感は他では食べたことがないんですよねぇ。
 
タレも絶妙な濃さでしつこくなく、いくらでも食べれちゃいます。
 
毎回、特上の松を食べるのですが、この量と質で3350円ですから、コスパも言うことなし!

お吸い物も上品な味で鰻との相性は抜群です!

竹江のお吸い物

 
 
 

鰻だけではなく、茶碗蒸しや甘海老の唐揚げも絶品

 
ここのお店は鰻以外にも非常に美味しいものが豊富です。
 
今回は茶碗蒸しと甘海老の唐揚げを追加注文。
 
 
茶碗蒸しや甘海老の唐揚げも人気があり、当日注文だと終了していることがあります。事前予約しておくことをおすすめします。
 
竹江の茶碗蒸し
 
茶碗蒸しは柚子の香りがほのかに香り、上品な味わい。
 
家庭の茶碗蒸しとは一味違う味を堪能できます。絶妙な味のバランスと濃さなんですよねぇ。うまし!
 
そして、甘海老の唐揚げ。
 
甘海老の唐揚げ
 
この甘海老の唐揚げ、竹江さんに行ったら絶対に食べてほしい一品です。
 
海老の香りを邪魔しない、絶妙な揚げ具合と食感。
 
ビールのつまみに最高です!
 
 

竹江さんの概要(住所・営業時間・定休日・電話番号など)

 

【住所】

埼玉県川口市桜町1-5-3
 

 

【営業時間】

午前:11:30~14:00
午後:17:00~20:00
 

【定休日】

月曜日、第1・3火曜日
 

【電話番号】

048-283-8812
 
 

おわりに

 
今回は埼玉県にある鰻の名店「竹江」さんをご紹介しました。
 
味の好みはあるにしろ、竹江さんの鰻は食べて損は絶対にありません。
 
是非近くに住んでいる方は足を伸ばしてみてください。
 
おすすめですよ!
 
 
>>次のページは
 
 

SNSのフォローも気軽にどうぞ!

【Facebook】
・閲覧、シェア中心
※申請時は一言メッセージをお願い致します。

【Facebookページ】
・ブログ更新情報中心

【Twitter】
・ブログ更新情報、様々なことをつぶやいています。SNSでは一番活用しています。

【Instagram】
・飲食関係、ゴルフ等々、趣味投稿中心

 


スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

■メディア掲載実績■




2018年3月28日発売
読売新聞 夕刊

からだcafe・教えてヨミドックという健康コラムで「こむら返り」のことについて取材していただき、その内容が掲載されました。







2018年5月号
MONOQLO

今買い替えるべき日用品(身だしなみ編)のインソール特集でコメントが掲載されました。







2017年10月号
日経ヘルス

「肩こり・腰痛・足のむくみ・腕の疲れ」に対するセルフケア方法について指導・監修をしました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。 コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。 リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。 リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。 コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。 どうぞよろしくお願いします。