Panasonicの音波振動歯ブラシ『ドルツ』と『ドルツウォッシャー』が超絶ヤバイのでご紹介します。


スポンサーリンク




理学療法士の井上(@Rehacon)です。
 
 
今回はおすすめしたい商品がありましたのでご紹介します。
 
歯の健康は全身に影響するとよく言われますし、筋力を発揮するなどスポーツ場面でも影響します。
 
兼ねてから、ずっとずっと欲しかったPanasonicの音波振動歯ブラシ「ドルツ」。
 
さらに、口腔内洗浄をする「ドルツウォッシャー」。
 
ようやく購入して、何度か使用してきて、超絶素晴らしい家電だったのでみなさんにシェアをしたいと思います。
 

これを使ったらもう、普通の歯ブラシは使えませんよ!
 
これからの時代、歯の健康もセルフでオーラルケアする時代です!
 


スポンサーリンク



 

Panasonic音波振動歯ブラシ「ドルツ」

 
音波振動歯ブラシのドルツシリーズは数種類ラインナップされています。
 
  • 振動数
  • イオン
  • 歯ぐきケア
  • 歯間ケア
  • 歯周ポケットケア
  • ステインケア
  • モードの数(ソフト・ノーマル・ステインオフ・ガムケア)
  • 充電時間
 
ステインケアとは、歯の着色汚れを除去するという意味です。
このような機能の違いで値段が変わってきます。
 
個人的にかなり悩んだ挙句、ステインケアができるものをチョイスしました。
 
ステインケアのできるものは2種類ありますが、充電時間が早く、イオン機能がついてるものだと高価でしたので、そこまでの機能は求めていないということで、EW-DL43を購入しました。
 
 
一番高いから良いというわけではないので、自分がどういうケアがしたくて、どの程度の機能でいいのかで選ぶものは変わってくると思います。
 
でも、まあ、今回購入したもので十分だなぁというのが個人的な感想です。
 
実際に使用してみると、最初は音波振動に違和感を感じて、特に唇や口角周りに振動を強く感じるため何か嫌だなぁという印象でした。
 
でも使っていくうちに、使い慣れしてくるせいか、その振動が心地よくなってきて、さらにブラッシング後はかなり歯がツルツルします。
 
個人的には、少し手も動かしながら行うとより磨かれてる感が強いためブラッシング後の満足度が高い印象です。
 
細かな汚れは手だけのブラッシングよりも明らかに綺麗になっていますが、それでも微妙に残っている場合に、これからおすすめする、ドルツウォッシャーの登場です。
 
 

Panasonic口腔内洗浄器「ドルツウォッシャー」

 

歯間洗浄だけでなく、歯ぐきのケアもできる優れもの

ドルツウォッシャーの機能には、「ジェットモード」「バブルモード」という2つの機能があります。
 
ドルツウォッシャー
 
ジェットモードは、主に歯間洗浄のために使用し、バブルモードは歯ぐきのケアに使用します。
 
水流の強さも5段階あり、私は一番強力な5を使用してますが、とにかく気持ち良い!
 
電波振動歯ブラシを使用したあとでもこのドルツウォッシャーを使うと、小さな食べカスがめちゃくちゃ取れます。
 

引用:ドルツ公式HP

引用:ドルツ公式HP

 
ズバーン!としっかり細かな隙間を捉えている感じは本当に凄くて、使用後の爽快感はたまりません。
 
歯間や歯と歯茎の間の汚れもかなり取れるし、ケルヒャーの口腔内用って感じです。
 
完全にはまってしまい、毎日これを使わないと何か気持ち悪い感じになってしまいました… 笑
 

 

持ち運びに便利な携帯モデルもある

 
このドルツウォッシャー、携帯用もラインナップされていますが、1つ注意点があります。
 
置き型のものは、1回で水を600mlタンクに溜められるのに対し、携帯用は130mlしか溜められません。
 
使ってみて思うのが、1回で600ml使う。
 
ということです。
 
つまり、携帯用だと1回使用するのに、何度か水を入れないといけないということになります。
 
正直、これは手間なので、家で使う場合は置き型をおすすめします。
 
出張などが多い方は、電池式ですし、携帯用を1つ常備していてもいいかもしれませんね。
 
私もそのうち携帯用も購入しようかなぁと考えているところです。
 
 
音波振動歯ブラシにも携帯用があり、「ポケットドルツ」として販売されています。
 
これも近日中に購入しようと思ってます。
 
 
 
 

これからは家でも出先でも手軽に「オーラルケア」できる時代

 
歯医者って個人的にすごく苦手で、1回で複数の治療もしてくれないし、何度も何度も通院しないといけませんよね。
 
歯の健康状態を確認するには専門家に診てもらったほうがいいですが、日々のケアはわざわざ歯医者に行かなくても十分可能です。
 
歯に限らず身体のケアは、セルフケアをしっかりすることで様々な怪我や病気の予防につながります。
 
歯は感染性のものなどにも影響しますので、とても大切な部位です。
 
自宅で手軽に高レベルのセルフオーラルケアをしましょう!本当にいい時代ですね!
 
 

価格はAmazonが一番安かった

 
先日、新宿に行く機会があったため、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機などいくつか家電屋さんを回ってみた結果、Amazonが一番安かったです。
 
Amazon価格を店員さんに伝えても、「Amazonには勝てない」と仰ってました。せいぜいポイントつけて何とかなるくらい。
 
プライム会員の方は配送料も無料ですし、改めてやっぱりAmazonはすごい!と思いました。
 
プライム会員にはなっておいて損はないですね。
 
 
 
最後に、TwitterのつぶやきとAmazonの口コミを引用しておきますので、参考までに。
 

 

 

まとめ

 
今回はセルフオーラルケアとして、Panasonicの音波振動歯ブラシ、ドルツと口腔内洗浄器、ドルツウォッシャーをご紹介しました。
 
これは自分的には久しぶりのヒット家電でした。
 
健康に関わるブログ運営をしているため、是非みなさんにシェアできればと思い記事にしました。
 
参考にしていただければ幸いです。
 
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
 

スポンサーリンク



シェアをお願い致します!


日経ヘルス 2017年10月号

女性誌である「日経ヘルス」さんの2017年10月号で、

・肩こり
・腰痛
・脚のむくみ
・腕の疲れ

この4症状に対するセルフケア方法について、指導・監修をさせていただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。

コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。

リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。
リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。

コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。

どうぞよろしくお願いします。