Kindle Unlimitedが凄い!プライム会員といい、ほんとAmazon凄すぎる!


スポンサーリンク




理学療法士の井上(@Rehacon)です。

 
今回はリハビリの話しではありません。
 
あまりにも衝撃的で書きたい気持ちが勝ったので書いちゃいます。
 
タイトル通り、Amazonのサービスが凄すぎるという話です。
 

 
私は元々Kindleユーザーですが、なんとこの度Kindle Unlimitedという衝撃的な、そしてAmazonファンには最高の神サービスが開始されました。
 

Kindle Unlimitedとは

 
kindle Unlimitedは、12万冊以上もの本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書の中から好きな本だけお読みいただける、読み放題サービスです。
 
月額980円でいつでも好きな時にお楽しみいただけます。
 
小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など、新しいジャンルや著者の発見がきっとあるはずです。
 
自由で新しい読書の世界をお楽しみください。

引用:Amazon

 
いやぁ、Amazon凄いですね!

以前よりこのサービスは始まると言われていましたが、予想よりもはるかに多い書籍量となってます。

そして、最初の30日間は無料体験が可能です。

 
注意

結構勘違いされる方がいますが、1ヶ月ではなく、30日間です。
 
理学療法士が書いたこちらの本も無料。
 
 
 
 

自分の好きな端末で利用できます

 
Kindleという名前がついているので、Kindleユーザーだけが対象かと思いがちですが、
 
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン

こちらでもKindle無料読書アプリをダウンロードすればいつでも利用できます。

 

Kindleはおすすめ

 
私はもうKindleで読める本は全てKindleで読んでます。
 
中にはKindle非対応や、医学書などの専門書などはやはり紙のもののほうがよかったりしますので、そういうのは紙の本を買います。
 
でもこれからは医学書でも電子書籍が増えそうですね。
 

 
これからは電子書籍のニーズはもっと増えるでしょうし、何はともあれ、電子書籍で本を読むようになってからは圧倒的に読む量が増えました。
 
インプットが増えることは知識が増えるので、とても大切だと私は思ってます。
 

 
まあ、知識を知恵に変えられないといけませんけどね…
 
また、スマホやタブレットは液晶画面なのでやっぱり目が疲れます。
 
でもKindleはE-インクというのを使用しており、目に優しいです。
 
暗い部屋でも目に負担なく読めますよ。
 
というわけで、Kindleおすすめです!
 
 
ペーパーホワイト、ボヤージュ、オアシスなどいくつか種類がありますが、ちなみに私はペーパーホワイトを使ってます。
 
 

Amazon プライム会員もお得

 
Amazonにはプライム会員というものがあります。

プライム会員になると以下のサービスを受けられます。

  • 無料配送(対象商品)
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 家族と一緒に使い放題
  • プライム会員限定先行販売タイムセール
  • Amazonパントリー
  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引
  • プライム・ビデオ
  • Prime Music
  • プライム・フォト
  • Kindleオーナーライブラリーの利用
こんなにたくさんの恩恵を受けられます。詳しくはAmazonのホームページをご覧になってください。
Amazonのホームページ
 

私はKindleオーナーライブラリーとプライム・フォト、無料配送の恩恵を多く受けてます。

正直、Prime Musicは音楽数も少なくイマイチな印象は否めませんが、忙しい独身の方ならAmazonパントリーもめっちゃいいと思いますよ。

こんな素晴らしいプライム会員の年会費はたったの3900円(税込)で利用できます。

月額にすると、たったの325円です。

はっきりいって安すぎです。

プライム会員もAmazon Unlimitedと同様、30日間の無料体験があります。

Amazonのプライム会員になろうか悩んでいる方は、是非この機会に会員になることをおすすめしますよ!

Amazonプライム会員の無料体験はこちらからどうぞ!

さらに、プライム会員になった場合、Kindle端末を4000円割引で買えるという特典もあります。

Amazon、本当に凄いですね!
 
 

最後に

 
今回はリハビリとはあまり関係のない話で申し訳ありませんでした。
 
ただ、世の中たくさん本を読む方も多いと思います。
 
Kindleは持っていて損のないものですよ。
 
Kindleでどんどんインプット量を増やしていきましょう。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 

スポンサーリンク



シェアをお願い致します!


日経ヘルス 2017年10月号

女性誌である「日経ヘルス」さんの2017年10月号で、

・肩こり
・腰痛
・脚のむくみ
・腕の疲れ

この4症状に対するセルフケア方法について、指導・監修をさせていただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

リハビリテーションコンサルタントの井上です。

コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。

リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。
リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。

コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。

どうぞよろしくお願いします。