最近の私の動向について

ブログ再開

スポンサーリンク




久しぶりのブログ更新

 
こんばんは。井上です。
 
皆さん、だいぶご無沙汰してしまいました。あまりこういうブログを書いてきませんでしたが、今回はサクッと日記的な感じのブログを書いてみたいと思います。
 
 

ブログを更新できなかった理由

 
これには訳があるのですが、現在所属している企業ではWEBマーケティングに従事しています。
 
かれこれ半年が過ぎたのですが、この間、自分のこのブログが全く手付かずになってしまいました… 反省…
 
というのも、仕事でも毎日ライティング・SEO対策・リライト・データ分析と対策・バナー作成・LP作成・メールマーケティング等々、毎日PCに向かって仕事をしていると、帰ってきてからPCに向かう元気が残っていないという状況に陥っていました。
 
とにかく、帰ってきたらまずビール。それで夕飯を食べて、お風呂に入って、子供とちょっと遊んで、また一杯飲んで、寝る。こんな毎日となってました。
 
理学療法士として臨床をやることも大好きなので、週一回の臨床と部署コンサル、恩師であるドクターの開業に向けたホームページ制作、これに加えて訪問マッサージ事業者のリハビリ顧問もやっていたことから、休みも少なく、休日はぐったりしてるという悪循環に陥っていました。
 
これは本当によくないですね。自分が全く理想としていない働き方です。とはいえ、職場では週一回のリモートワークを認めてもらってますし、非常に良い環境で仕事をしています。
 
介護業界にリハビリテーションをITで解決させる。という非常に難題なミッションを掲げていますが、メンバーの熱量は本当に凄いし、能力も高い。事業がガンガン伸びている理由がわかります。
 
医療現場でずっと働いてきた身としては、いかに医療現場がぬるい環境なのか改めて実感しました。何せ、集客する必要がないですし、保険下でやってるので発生する売上と提供している内容の費用対効果を考えていないセラピストがやはり圧倒的に多いと思います。
 
ここには問題意識を持たないと本当にまずい気がします。生意気にももう10年以上前から先輩や後輩には言い続けてますけど、雇用されているということをまずは念頭に、こういうことから意識していかないと。
 
 

6月から新しいことをはじめます

 
医療・介護業界で働いてきたこと、ベンチャー企業で働いたこと、WEBにがっつり浸かったこと、こういう経験から改めて自分の中で腑に落ちた部分があります。
 
そんな中、周りでも色々動きが出てきたことで、やっぱり引き寄せの法則はあるんだなとも実感しています。
 
6月から新しいことをはじめます。
 
近日中にブログで書こうかなと思っていますので、もしご興味ある方は読んでいただけたら嬉しいです。
 
このブログもしっかりと再開していきます。今後は今までとはテイストも違ってくるかもしれませんが、是非読んでいただけたら嬉しいです。
 
それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 

お気軽にSNSのフォローもよろしくお願いします!

Twitter ⇒ https://twitter.com/Rehacon
Instagram ⇒ https://Instagram.com/_naoki_inoue_
Facebookページ ⇒ https://www.facebook.com/rehacon.net/


スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

■メディア掲載実績■




2018年3月28日発売
読売新聞 夕刊

からだcafe・教えてヨミドックという健康コラムで「こむら返り」のことについて取材していただき、その内容が掲載されました。







2018年5月号
MONOQLO

今買い替えるべき日用品(身だしなみ編)のインソール特集でコメントが掲載されました。







2017年10月号
日経ヘルス

「肩こり・腰痛・足のむくみ・腕の疲れ」に対するセルフケア方法について指導・監修をしました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

理学療法士・WEBマーケターの井上です。このサイトでは一般の方に向けたリハビリの基本的な情報発信を行っております。また、不定期ですが雑誌や新聞などのマスメディア・WEB上のメディアにも情報提供を行っております。リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。今後ともよろしくお願い致します。