【引き寄せの法則】やりたいことを考え続けることで人生は豊かになる

引き寄せの法則,思考は現実化する

スポンサーリンク




夢をたくさん持つということは人生を豊かにさせる

合同会社リレイト代表社員の井上(@Rehacon)です。
 
皆さんに夢はありますか?または、達成したいこと、やりたいことはどれくらいあるでしょうか?
 
私はとあるクローズドコミュニティに参加してから、定期的に続けていることがあります。
 
“やりたいことを書き続ける“ということです。
 
小さいことでも大きいことでもなんでもよくて、
 
  • マスターズを観に行く
  • 起業する
  • 週4日の働きで生活を成立させる
  • リモートワークを確保する
  • 年に1回は1週間休んで旅行に行く
  • 子供の行事ごとはすべて参加する
 
等々…
 
仕事のことでもプライベートのことでも、小さなことから大きなことまでほんとになんでもいいんです。
 
こういうことを書き続けてると、ワクワクしてきて、どうしたら達成できるのか?を考え、それが自然と行動に移せるようになります。
 
人間ですから、疲れるときもあれば、精神的に落ち込むことだってあります。でもそれは特別なことではなく、当たり前だと思ってます。
 
世の中、便利になりすぎて逆にストレスになることもあります。情報をどこからでも取ってこれるような時代だからこそ余計な情報が入ってしまうこともあります。
 
でも、そんな時はやりたいこと、達成したいこと、そんな夢リストを書きます。敢えて紙に書くというのが大事だと思ってます。
 


スポンサーリンク



 

思考は現実化する

思考は現実化する」とはよく言ったもので、有名な書籍にザ・シークレットがあります。


 
この本は一見宗教チックな部分もあるのですが、理解できる部分も多くあります。
 
ネガティブなことを考え続けてるとネガティブなことが起こります。一方で、ポジティブなことを考えていればポジティブなことが起こります。
 
達成したいことを思い続けると、実現します。厳密には、達成するための行動を取れるようになります。
 
あとは、思ったことはなるべく口にするようにして、自分が逃げないようにします。時間が経てば経つほど人はやらない理由を探すからです。
 
やりたいことを常に考え、思い続け、行動するためのマインドをもち、実際に行動する。
 
そうすれば、思考は現実化します。
 
ザ・シークレットはYouTubeにもありますので、検索して是非観てみてください。かなり怪しい動画なのですが、先入観を捨てて聞いてみてみると、納得する部分も多いですよ。
 
 

まずは思考停止させないことが重要

私は思考停止が一番怖いです。
 
思考停止は人の成長を止めますし、毎日の張り合いがなくなります。人生がつまらなくなると思っています。常に考え、ワクワクし、そのためのマインドを作り、行動に移す。いつもこれだけを考えています。
 
せっかくの一度きりの人生ですので、毎日楽しいほうがいいですよね。やりたいことを達成し、人生を豊かに過ごしていきたいですね。
 
 

最後に

ちょっと怪しい感じになってしまったかもしれませんが、やりたいこと・達成したいことを実際に文字にしてみるということはとても重要なことだと思っています。あとは口にすること。

私は先日法人化をしましたが、これも設立の2か月前にとある方々に5月末までに「会社を作ります」という宣言をし、自分がそこから逃げないようにしました。結果的に設立までもっていけたのですが、大変な部分もありましたが、期限を決めたこと・口にしたこと・やりたいことということで、トップダウンでどうしたらそこまでにやれるかを考え行動を起こすようになりました。

設立後にやることも多く、十分な動きができていない今ではあるのですが、ここまできたらやるしかないので、まずはちゃんと継続していけるように頑張っていきます。

少しでも気になったら、ザ・シークレット見てみてください。まずはYouTubeでよいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 
 

スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

■メディア掲載実績■




2018年3月28日発売
読売新聞 夕刊

からだcafe・教えてヨミドックという健康コラムで「こむら返り」のことについて取材していただき、その内容が掲載されました。







2018年5月号
MONOQLO

今買い替えるべき日用品(身だしなみ編)のインソール特集でコメントが掲載されました。







2017年10月号
日経ヘルス

「肩こり・腰痛・足のむくみ・腕の疲れ」に対するセルフケア方法について指導・監修をしました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

井上 直樹

合同会社Relate(リレイト)代表社員/理学療法士の井上直樹です。 このサイトでは一般の方に向けたリハビリの基本的な情報発信を行っております。また、不定期ですが雑誌や新聞などのマスメディア・WEB上のメディアにも情報提供を行っております。リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。お仕事依頼もお気軽にお問合せくださいませ。