ブログをいつ書いているのか?モチベーションをどう保っているのか?にお答えします。


スポンサーリンク




理学療法士の井上(@Rehacon)です。
 
 
私はこのブログを運営してからおよそ1年3ヶ月。
 
以前にアメブロをやっていましたが、そこを含めると1年6ヶ月ほどブログを書いています。
 
まだまだひよっこブロガーですが、時々、
 
友人A
いつブログを書いてるの?
 
友人B
ブログを書く時間をどうやって取ってるの?
 
等々、質問されることが多くなってきました。
 
あまりこういうことをこれまで記事にしてきたことはないのですが、今年はこういった質問などにもお答えしていこうかなと思っている次第です。
 
興味のある方は是非読んでみてください。
 

 
スポンサーリンク



いつブログを書いているのか?

 
これはよく聞かれる質問です。
 
私自身は平均して週に2記事を更新しています。
 
更新日は月曜木曜と決めていて、そこに向けて記事を書いています。

補足
あくまでも目安で、違う曜日に更新することもあるのと、週1回のときもあれば3回の時もあります。
 
1記事あたりの作成時間はものにもよりますが、平均で3~4間程度ですので、その日に更新しようと夜だけ記事を書くというのは仕事の都合もあり困難です。
 
基本的には隙間時間を利用しています。
 
例えば、朝夜の通勤時間。
 
私は通勤で電車に乗っている時間はおよそ片道30分ですので、朝夜合わせて1時間です。
 
この間はEvernoteというアプリを使い、電車内でひたすら記事を考えては書き込んでいます。
 
満員電車で消耗しながら書いています…
 
その他は昼休みの時間です。
 
相当疲れている、眠い、という以外はだいたいブログを書いているか、記事内容の下調べをしています。
 
時間は有限ですので、こういう時間を大切にしています。
 
あとは夜の時間を少し利用すればだいたい1記事は2〜3日で作れます。
 
最終的にパソコンで編集して更新するというのが流れになります。
 
 
 

記事のネタはどうしているのか?

 
これもよく聞かれます。
 
正直、雑多ブログは私には多分書けないです。
 
リハビリテーションという専門分野に特化しているから書きやすいという一面もあり、ネタは正直何でもあります。
 
SEO対策として考えればいくらでも書けますが、正直SEOばかり気にしているとつまらなくなってきます。
 
  • まずは自分が何を書きたいのか
  • 何を伝えたいのか
  • 医療・健康関連の新しい情報
  • 仕事での経験
  • 読んだ本でよかったものの紹介
 
等々、基本的に自分が書きたい、自分が好きなこと、自分の辞書として残しておきたいことを書いています。
 
ただ書くならしっかり書きたいですし、読者の方々に有益な情報になればと思い、試行錯誤しながら書いています。
 
本当に伝えるのって難しいと感じています。
 
 

ブログを書くモチベーションはどう保っているのか

 
これは非常にシンプルです。
 
  • 楽しい
  • 好き
 
これに限ります。
 
私がブログを始めようと思ったきっかけは、将来的にリアルビジネスにつなげたいと考えたからです。
 
もちろん、それは今でも変わりありません。
 
でもそうすると、どうしてもSEOのことばかり考えてしまってきつくなります。
 
実際に私はきつくなってしまいました。
 
でも、書きたいことを書こうと切り替えてからはだいぶ気楽に書けるようになったのと、実際に書いていると楽しくて仕方ありません。
 
また、アウトプットしていくということは自分の知識整理となります。頭で考えているだけでは抜けてしまうことも、文章化していくことで知恵となります。
 
ただ文章を書くというのは向き不向きがあると思いますが、基本的に私は文章能力が低いので、もっともっとライティング能力を上げていきたいです。
 
やはり人間誰しも、やりたいことは徹底的にやるものです。
 
好きなことはやります。そして勉強します。
 
モチベーションを保つには、好きであること、やりたいと思うこと。
 
これ以外にないと思います。
 
 

最後に

 
今回はざっくりと読める簡単な記事となりましたが、少しはお役に立てたでしょうか?
 
ブログは貯蓄型メディアで、とても良いツールです。
 
リハビリテーション職種に限らず、医者・看護師・薬剤師・レントゲン技師など、医療に携わる方の本格的なブログというのはまだまだ本当に少ないです。
 
Welq問題もありましたが、専門的なことは専門家がちゃんと書くというのが当たり前の時代に変わっていくはずです。
 
医療関連では制約もあり、他者からの批判なども考えてしまうと書きにくくなる今の世の中ですが、是非、医療関係者の方々は世の中のために、適切な医療情報をどんどん発信してほしいと思う今日この頃です。
 
私もまだまだひよっこブロガーですが、批判に臆することなく、これからもたくさん情報発信をしていきます。

ブログは楽しいですよ!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ運営に必須なおすすめ書は【2016年版】今年読んだおすすめ書籍10選!にまとめていますので、参考にしてください。

 
 
 
 
 
 

スポンサーリンク



シェアをお願い致します!


日経ヘルス 2017年10月号

女性誌である「日経ヘルス」さんの2017年10月号で、

・肩こり
・腰痛
・脚のむくみ
・腕の疲れ

この4症状に対するセルフケア方法について、指導・監修をさせていただきました。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    井上 直樹

    リハビリテーションコンサルタントの井上です。

    コンサルタントとはその道のプロが助言や指導をするという意味です。

    リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。
    リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。

    コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。

    どうぞよろしくお願いします。