【11月3日(水)開催】ピラティスによるMotor Control Approach「Motor control:beyond Pilates(MCbP)」を通じて ~腰椎椎間板ヘルニアを症例に~/Presented by リハサイエンス

ビヨンドピラティス理学療法士増渕先生

スポンサーリンク




リハサイエンス主催の動画配信セミナー、新コンテンツの公開です。

動画配信&講師への質疑応答(オンライン)にて実施します。

理学療法士の中でも、ピラティスを取り入れる方も多くなってきたと思います。ピラティスには様々な流派もあり、どこで学べばいいのか悩まれる方も多いと思います。

今回、登壇していただける増渕先生は、ピラティスを理学療法に取り入れて「12年以上」で今回の講習会は集大成だと仰っています!

普段から、医療法人明和会 整形外科スポーツ・栄養クリニック/ピラティスラボで医師と一緒に理学療法とピラティスを導入されています。非常に貴重な内容となっていますので、是非ご参加を検討ください。

日時

日付:2021年11月3日(水)
入室時間:19:15~
動画配信時間:19:30~21:30(約2時間)
※人数が全員集まらなくても、定刻になったら配信を開始致します。
※動画のダウンロードはできませんので、ご了承ください。
質疑応答時間:21:45~22:00(Zoomにて実施)

講演内容

近年、欧米やオーストラリア等で理学療法士がピラティスのインストラクター資格を取得し、運動療法の中にピラティスメソッドを取り入れ、独立開業されているケースが多々あります。

また、日本においても理学療法士がマットのピラティスインストラクター資格を取られる方が増えてきましたが、アメリカの整形外科医が「あなたの運動療法にピラティスをお勧めする」と伝えるピラティスは、器具を使った1対1で個別にカスタマイズできる運動・動作療法のことを示します。

本講座では、ピラティスの歴史および世界的な位置付け、近年のピラティスメソッドの研究報告に始まり、器具を使ったピラティスエクササイズの動画紹介、さらに実際の症例紹介として腰椎椎間板ヘルニアに対する理学療法×ピラティスメソッドを活用したモーターコントロールアプローチを紹介します。

また、最新のモーターコントロールアプローチとしてピラティスを補完する新たな器具であるコアアラインとサスペンション系のボダイについても紹介します。

ピラティスがなぜ、世界の理学療法士に選ばれているか?を理解できる講座となっております。

 

費用

6,000円(税込)

対象者

・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・その他 医療関連職種(医師・柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・アスレチックトレーナーなど)

定員数

90名(最大人数)
※最小催行人数5名

講師

ピラティス増渕先生(理学療法士)

理学療法士/NCPT(米国国家認定ピラティス教師) 増渕 喜秋 先生

お申込み詳細

リハ・サイエンス公式ホームページより、ご確認・お申込みください。

 


スポンサーリンク



シェアをお願い致します!

2021年介護報酬改定に対応
【無料プレゼント】バーセルインデックスマニュアル・ICF目標設定例文集

誰でもできるようにトークスクリプトを含めたバーセルインデックスマニュアル、一目で分かる機能・活動・参加の目標設定例文集をとことんこだわって作りました。

コロナフレイルを予防しよう
【無料プレゼント】自分で自宅で簡単にできる体操資料

コロナによる自粛生活の影響で、廃用症候群(生活不活発病)が起こると危惧されています。それを予防するための自宅で簡単にできる体操資料をはじめ、様々な無料資料をご用意しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

井上 直樹
合同会社Relate(リレイト)代表社員/理学療法士の井上直樹です。 このサイトでは一般の方に向けたリハビリの基本的な情報発信を行っております。また、不定期ですが雑誌や新聞などのマスメディア・WEB上のメディアにも情報提供を行っております。リハビリについての適切な情報発信は現在少ないのが現状です。リハビリのことはリハビリの専門職種(理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士)が情報発信するべきだと考えています。コンセプトは誰にでも理解できるように分かりやすく解説していくことです。お仕事依頼もお気軽にお問合せくださいませ。